廃船を処分するなら料金のかからない業者を選ぼう

男の人
  1. ホーム
  2. 問題の回避は知識から

問題の回避は知識から

女性

依頼と取引は慎重に

日本では自治体によって廃棄品処理のルールが細かく設定され、東京においても市街地から商業エリアまでゴミが比較的少ないといわれています。しかし、量によっては廃品回収への依頼が便利であり、個人・企業ともに利用者は少なくありません。廃棄方法にルールが設定されているように、東京では廃品回収業者に関するルールも存在しています。廃品回収は誰でもビジネスとして始められるものではなく、東京の各自治体による許可あるいは委託が必須となるのです。東京では廃品回収のトラブル情報が発信されるケースもありますが、ほとんどは無許可業者の不法投棄に関連しています。廃品回収の無許可業者は「0円」「無料」といった安さだけのアピールで客を引き寄せ、別途で料金を請求するうえに不法投棄を行うのです。回収のみ無料、手数料は別途という詐欺のような説明を行い、高圧的で言い返せないといった状況に持ち込みます。このようなトラブルを回避するために、チラシや無料という言葉に惑わされず、許可業者であるか事前に確認するべきでしょう。東京の許可業者はリサイクル家電の種類ごとに料金を設定し、多くの業者は金額をホームページでも公開しています。少しでも安くという心理は当然のことですが、正しい処分方法を優先するべきです。また、廃品回収は捨てることのみを目的にするのではなく、リサイクル品としてお金に換える手段もあります。利用不可能と回収を急かすのもトラブルのひとつで、廃棄以外に売ることを意識した業者選びも大切です。